プリザーブドフラワーとは何?

日本では毎年大体3月になると、桜の話題がちらほら聞かれるようになります。天気予報では桜前線の話題が言われるようになり、長い冬が終わりを告げると共に、春の訪れを待つ人々は桜前線の知らせに心を躍らせるようになります。やがて桜前線は沖縄からスタートし、東京では3月の中旬から終わりにかけて桜の花が咲き始め、4月の始めまで満開の桜が私達の目を楽しませてくれるようになります。北海道を最後として、日本全国で桜が楽しめるですが、私達日本人にとっては桜はまさに春を告げる風物詩であり、各職場や学校などで行われる花見は、毎年の楽しみでもあります。いずれにせよ、桜は私達日本人の生活にとって欠かせないものだと言っていいでしょう。
私達日本人が桜を愛する理由に関してはいろいろ語られていますが、その理由としては何といっても満開の桜が見せる圧倒的な美しさでしょう。そしてご存知のように桜が開花している時間は長くはありません。桜はその散り際も、私達をはっと言わせるほどの美しさを誇っています。別に惜しむ様子もなく散っていく様子に、私達日本人は「生のあはれ」を悟り、そして自分の人生に重ね合わせると言われます。日本人の桜に対する感情は特別で、それが日本の風景の代名詞、いわば日本の名刺的な役割を果たしていると言えます。毎年桜が咲き誇る時期には、私達日本人はこぞって花見に出かけ、それが既に国民的行事と化しています。また最近は日本人だけではありません。桜が咲く時期には、海外からもたくさんの観光客が日本を訪れ、日本の桜の美しさを鑑賞していきます。桜の咲く光景は日本でも最も美しい光景であり、外国人が日本及び日本人を理解する上で、桜は欠かせない光景であり、花であると言えます。

ここまで長々と日本と桜について書いてきましたが、幸い四季の多様な変化と美しい自然とに恵まれた日本では、四季に応じてたくさんの種類の花を観賞し、楽しむことができます。ここでは一つ一つ紹介することはしませんが、日本では桜以外にも多くの花を見ることができます。そして花に美しさを見出し、花を愛する気持ちは、古来から日本人が持っていたもので、そして現在の私達にもそれは受け継がれています。
ところで人類の花を愛する気持ちは、どうやら世界共通のもののようです。日本人に限らず、世界のどこでも人類は古来から花に美しさを見出し、そしてそれを大切に鑑賞してきました。現在世界には約60億もの人たちが住んでいます。ですが異なるそれぞれの人種や民族、言語や文化、習慣の壁を超えて、人類は花を美しいと思い、それを愛する気持ちを持ち続けています。
皆さんには小さい頃こんな経験がありませんか。それは例えば野山で美しい花を見つけ、そしてそれを摘んで帰り、家で花瓶か何かに挿して楽しんだ経験です。ですが喜んで家に持って帰ったのもつかの間、当然ながら花は永遠に咲き続けているわけではなく、数日が経つと枯れてしまうことになります。皆さんはそれでがっかりしたことはありませんか。私達人類や動物がそうであるのと同じように、花にも生命があります。生命が尽きれば、花はその役割を終え、枯れていくことになります。美しい花に愛する一方、花が枯れ、散っていく様子を悲しむのも我々人類に共通した感情なのかもしれません。
もっとも人類は花の美しさ、瑞瑞しさをどうすれば長く保ち続けることができるか、それをずっと考えてきました。例えばそうして生み出された方法の一つが、私達にもお馴染みの押し花です。恐らく私達の殆どが子供の頃、学校の授業か何かで一度は押し花を作った経験があるのではないでしょうか。ですが押し花は言うまでもなく本か何かに草花をはさんで作りますが、如何せん大きさに限度があります。あまり大きな草花を押し花にすることはできません。その押し花からちょっと発展させたものとして、草花から水気を抜き、乾燥させて作ったドライフラワーがあります。ドライフラワーは水分がなくなった分、長期間花を保存することができます。そのドライフラワーから更に発展させたような形で、言わば芸術のレベルにまで昇華させたのがアートフラワーです。アートフラワーは欧米で生まれたのですが、日本の生け花の影響を受けていると言われています。
このように花の美しさを長く保存する方法として人類はいろいろな方法を考え出してきたのですが、比較的新しいものとしてプリザーブドフラワーと呼ばれるものがあります。

ところで皆さんはこのプリザーブドフラワーという言葉を聞いたことがありますか。先に紹介したようにこのプリザーブドフラワーはまだ歴史が非常に浅く、皆さんの多くがこのプリザーブドフラワーについてはその名前を聞いたことがないというでしょう。実際このプリザーブドフラワーは誕生してわずか20年程度の非常に新しいものです。従ってこのプリザーブドフラワーは他の技術に比べて非常に後発である分、それ以前の花の保存技術になかった圧倒的な長所を持っていると言ってもいいでしょう。皆さんも一度実際にプリザーブドフラワーを手にとって見てみればお分かりになると思いますが、プリザーブドフラワーの誇る美しさ、瑞瑞しさにおいては、ドライフラワーや押し花等の従来のやり方とは決定的に異なります。つまり一見すると生花と見間違えてしまうほど、プリザーブドフラワーは非常によく美しさと新鮮さが保たれています。これは花の美しさを永遠に楽しみたいと願う人類の古来からの願望、執念ともいうべきものが実ったと言ってもいいでしょう。何といっても驚くのは、このプリザーブドフラワーは非常に長い時間にわたって保存できると言うことです。プリザーブドフラワーを保存できる期間はその保存状態やそれ以外の条件によっても異なりますが、よい状態で保存すれば十年かそれ以上長く保存できるとも言われています。

小さい頃、家に持って帰ってきた花が短期間で枯れてしまってがっかりした経験は、私たちの誰もが持っていると思います。それに比べてプリザーブドフラワーは十数年も花の美しさを保つことができるとは、実に不思議に思えませんか。かくも不思議で神秘的とも言えるプリザーブドフラワーについて、皆さんはもっと知ってみたいと思いませんか。日本ではプリザーブドフラワーの普及はまだまだ発展途上といった趣があります。ここでは最近ようやく日本でも認知され始めたプリザーブドフラワーについて、その魅力と不思議な世界とを皆さんにご紹介します。これをお読みになって一人でも多くの皆さんが、プリザーブドフラワーに興味を持ってくだされば幸いです。最近では、結婚祝いや内祝いなどでプリザーブドフラワーが贈られたりするようです。歴史の浅いプリザーブドフラワーなので、内祝いで頂いた方は驚きと感動で良い贈り物になることでしょう。ソファやベッドといった家具、家電の購入資金を送っても良いかもしれません。

pickup

美容院 春日
http://beauty.hotpepper.jp/slnH000272908/
フルエタニティリングはこちら
http://www.rakuten.co.jp/cscs/
釣具 買取価格
http://www.suzuki-ya.jp/
福岡 焼肉
http://www.rakutora.jp/

2016/8/18 更新